【東京スポーツ杯2歳S 2022】過去10年の傾向とデータを検証した結果、気になるポイントが出てきた

中央競馬
フラップ
フラップ

2022年11月19(土)に、東京スポーツ杯2歳S(GⅡ)が行われます。
当記事では、過去10年の1着馬~3着馬を検証します。
父、母父、前走を振り返えると
気になる3つのポイントが出てきました。

先に3つのポイントを書きます。

  • 瞬発力があり速い上りを使えないと勝てない
  • 経験よりも素質
  • 決め手のあるサンデーサイレンス系が強い

何故なのか?

そこは以下に記載しました。

過去10年の結果をまとめているので、

参考になればと思います。

東京芝1800mで行われます。

クラシック直結。

多くのGⅠホースを輩出している。

大注目のレースになります。

まずは過去10年のレース結果をご覧ください。

過去10年のレース結果

フラップ
フラップ

過去10年ごとに以下の項目をまとめました。
タイム、1着馬~3着馬、性齢、負担重量、騎手。
丸印内の数字は馬番になります。

2021年 晴・良 12頭立て タイム 1:46.2

1着 ①イクイノックス   牡2 55.0㎏ ルメール
2着 ③アサヒ       牡2 55.0㎏ 田辺裕信
3着 ②テンダンス     牡2 55.0㎏ 和田竜二

2020年 曇・良 10頭立て タイム 1:47.5

1着 ③ダノンザキッド   牡2 55.0㎏ 川田将雅
2着 ②タイトルホルダー  牡2 55.0㎏ 戸崎圭太
3着 ⑩ジュンブルースカイ 牡2 55.0㎏ 武豊

2019年 晴・良 8頭立て タイム 1:44.5

1着 ⑥コントレイル    牡2 55.0㎏ ムーア
2着 ⑤アルジャンナ    牡2 55.0㎏ 川田将雅
3着 ①ラインベック    牡2 55.0㎏ ビュイック

2018年 晴・良 16頭立て タイム 1:46.6

1着 ②ニシノデイジー   牡2 55.0㎏ 勝浦正樹
2着 ④アガラス      牡2 55.0㎏ ビュイック
3着 ⑤ヴァンドギャルド  牡2 55.0㎏ C.デムーロ

2017年 曇・良 7頭立て タイム 1:46.6

1着 ③ワグネリアン    牡2 55.0㎏ 福永祐一
2着 ⑦ルーカス      牡2 55.0㎏ ムーア
3着 ⑤シャルルマーニュ  牡2 55.0㎏ 戸崎圭太

2016年 小雨・稍 10頭立て タイム 1:48.3

1着 ⑥ブレスジャーニー  牡2 55.0㎏ 柴田善臣
2着 ⑨スワーヴリチャード 牡2 55.0㎏ 四位洋文
3着 ①ムーヴザワールド  牡2 55.0㎏ ルメール

2015年 曇・良 11頭立て タイム 1:49.5

1着 ⑩スマートオーディン 牡2 55.0㎏ 武豊
2着 ⑨プロディガルサン  牡2 55.0㎏ 戸崎圭太
3着 ①マイネルラフレシア 牡2 55.0㎏ 柴田大知

2014年 晴・良 13頭立て タイム 1:47.9

1着 ①サトノクラウン   牡2 55.0㎏ ムーア
2着 ②アヴニールマルシェ 牡2 55.0㎏ 北村宏司
3着 ⑪ソールインパクト  牡2 55.0㎏ 福永祐一

2013年 晴・良 15頭立て タイム 1:45.9

1着 ①イスラボニータ   牡2 55.0㎏ 蛯名正義
2着 ⑧プレイアンドリアル 牡2 55.0㎏ 柴田大知
3着 ④クラリティシチー  牡2 55.0㎏ 田中勝春

2012年 小雨・良 15頭立て タイム 1:46.0

1着 ①コディーノ     牡2 55.0㎏ 横山典弘
2着 ⑮レッドレイヴン   牡2 55.0㎏ 内田博幸
3着 ⑩インプロヴァイズ  牡2 55.0㎏ ムーア

過去10年の1着馬~3着馬の父、母父

フラップ
フラップ

東京芝1800mという条件。
やはりサンデーサイレンス系が強い。

2021年
1着 ①イクイノックス   父キタサンブラック  母父キングヘイロー
2着 ③アサヒ       父カレンブラックヒル 母父デインヒル
3着 ②テンダンス     父ジャスタウェイ   母父フレンチデピュティ

2020年
1着 ③ダノンザキッド   父ジャスタウェイ   母父Dansili
2着 ②タイトルホルダー  父ドゥラメンテ    母父Motivator
3着 ⑩ジュンブルースカイ 父ドゥラメンテ    母父ゼンノロブロイ

2019年
1着 ⑥コントレイル    父ディープインパクト 母父Unbridled’s Song
2着 ⑤アルジャンナ    父ディープインパクト 母父Tiz Wonderful
3着 ①ラインベック    父ディープインパクト 母父キングカメハメハ

2018年
1着 ②ニシノデイジー   父ハービンジャー   母父アグネスタキオン
2着 ④アガラス      父ブラックタイド   母父ブラックホーク
3着 ⑤ヴァンドギャルド  父ディープインパクト 母父Motivator

2017年
1着 ③ワグネリアン    父ディープインパクト 母父キングカメハメハ
2着 ⑦ルーカス      父スクリーンヒーロー 母父カーネギー
3着 ⑤シャルルマーニュ  父ヴィクトワールピサ 母父サクラバクシンオー

2016年
1着 ⑥ブレスジャーニー  父バトルプラン    母父タニノギムレット
2着 ⑨スワーヴリチャード 父ハーツクライ    母父Unbridled’s Song
3着 ①ムーヴザワールド  父ディープインパクト 母父Sadler’s Wells

2015年
1着 ⑩スマートオーディン 父ダノンシャンティ  母父Alzao
2着 ⑨プロディガルサン  父ディープインパクト 母父Storm Cat
3着 ①マイネルラフレシア 父ジャングルポケット 母父ダンスインザダーク

2014年
1着 ①サトノクラウン   父Marju        母父Rossini
2着 ②アヴニールマルシェ 父ディープインパクト 母父フレンチデピュティ
3着 ⑪ソールインパクト  父ディープインパクト 母父Exchange Rate

2013年
1着 ①イスラボニータ   父フジキセキ     母父Cozzene
2着 ⑧プレイアンドリアル 父デュランダル    母父ティンバーカントリー
3着 ④クラリティシチー  父キングカメハメハ  母父スペシャルウィーク

2012年
1着 ①コディーノ     父キングカメハメハ  母父サンデーサイレンス
2着 ⑮レッドレイヴン   父Smart Strike    母父Silver Hawk
3着 ⑩インプロヴァイズ  父ウォーエンブレム  母父サンデーサイレンス

過去10年の1着馬~3着馬の前走

フラップ
フラップ

前走、芝1800m組みが中心です。

2021年
1着 ①イクイノックス   新潟 芝1800m 2歳新馬 1着
2着 ③アサヒ       東京 芝1800m 2歳未勝利 1着
3着 ②テンダンス     阪神 芝1800m 2歳未勝利 1着

2020年
1着 ③ダノンザキッド   阪神 芝1800m 2歳新馬 1着
2着 ②タイトルホルダー  中山 芝1800m 2歳新馬 1着
3着 ⑩ジュンブルースカイ 京都 芝1800m 萩S(OP)2着

2019年
1着 ⑥コントレイル    阪神 芝1800m 2歳新馬 1着
2着 ⑤アルジャンナ    阪神 芝2000m 2歳新馬 1着
3着 ①ラインベック    中京 芝1600m 中京2歳S(OP) 1着

2018年
1着 ②ニシノデイジー   函館 芝1800m 2歳未勝利 1着
2着 ④アガラス      札幌 芝1800m コスモス賞(OP)2着
3着 ⑤ヴァンドギャルド  阪神 芝1600m 2歳新馬 1着

2017年
1着 ③ワグネリアン    阪神 芝1800m 野路菊S(OP)1着
2着 ⑦ルーカス      札幌 芝1800m 2歳新馬 1着
3着 ⑤シャルルマーニュ  東京 芝1800m アイビーS(OP)2着

2016年
1着 ⑥ブレスジャーニー  東京 芝1600m サウジアラビアRC(GⅢ)1着
2着 ⑨スワーヴリチャード 阪神 芝2000m 2歳未勝利 1着
3着 ①ムーヴザワールド  阪神 芝1800m 2歳新馬 1着

2015年
1着 ⑩スマートオーディン 京都 芝1800m 萩S(OP)2着
2着 ⑨プロディガルサン  中山 芝2000m 芙蓉S(OP)1着
3着 ①マイネルラフレシア 東京 芝1800m アイビーS(OP)1着

2014年
1着 ①サトノクラウン   東京 芝1800m 2歳新馬 1着
2着 ②アヴニールマルシェ 新潟 芝1600m 新潟2歳S(GⅢ)2着
3着 ⑪ソールインパクト  東京 芝1600m 2歳未勝利 1着

2013年
1着 ①イスラボニータ   東京 芝1800m いちょうS(OP)1着
2着 ⑧プレイアンドリアル 盛岡 芝1600m ジュニアグランプリ(Jpn)1着
3着 ④クラリティシチー  東京 芝1800m いちょうS(OP)3着

2012年
1着 ①コディーノ     札幌 芝1800m 札幌2歳S(GⅢ)1着
2着 ⑮レッドレイヴン   東京 芝1800m 百日草特別(500万下)1着
3着 ⑩インプロヴァイズ  東京 芝1800m 2歳未勝利 1着

気になるポイント

フラップ
フラップ

過去10年の傾向とデータから
気になる3つのポイントが出ました。

瞬発力があり速い上りを使えないと勝てない

過去10年、GⅠ馬を多く輩出している。

瞬発力の有無が大きなポイントです。

速い上りを使える馬が勝ってきました。

前走の内容は要チェックです。

経験よりも素質

東京スポーツ杯2歳Sは少頭数になりやすい。

素質馬が揃う。

東京芝1800mの広いコース。

各馬、能力をストレートに出せる。

素質>経験。

決め手のあるサンデーサイレンス系が強い

過去10年、サンデーサイレンスの血が活躍。

現在の日本競馬では、ほとんどの馬に

サンデーサイレンスの血が入っています。

その中でもサンデーサイレンス系らしい、

決め手を持っている馬が活躍します。

ポイントまとめ

フラップ
フラップ

気になる3つのポイントをまとめました。

  • 瞬発力があり速い上りを使えないと勝てない
  • 経験よりも素質
  • 決め手のあるサンデーサイレンス系が強い

最後に

フラップ
フラップ

様々な予想を考慮された上で、馬券検討の助けになればと思います。
馬券は自己責任でお願いします(*人>ω<)。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました