【注目馬2023 #4】2023年1月9日(月) 中山11R フェアリーS 芝1600m

中央競馬
フラップ
フラップ

競馬フラップの注目馬2023シリーズです。
2023年1月9日(月)は中山11Rに注目します。
フェアリーS、芝1600mです。

注目馬は?

⑤ヒップホップソウル

ポイント3つ。

  • 前走で控えた競馬が活きる
  • 東京より中山向き
  • 母はダンスファンタジア

何故なのか?

注目した理由は、以下になります。

まずは、出走馬をご覧下さい。

出走馬

2023年1月9日(月) 中山11R 15:35発走 芝1600m

出走頭数は16頭です。

①スピードオブライト 牝3 54.0 石川裕紀人 (1-0-1-0)
②リックスター    牝3 54.0 三浦皇成  (1-0-0-0)
③マイレーヌ     牝3 54.0 横山琉人  (1-1-3-1)
④アンタノバラード  牝3 54.0 田辺裕信  (1-0-2-1)
⑤ヒップホップソウル 牝3 54.0 松山弘平  (1-1-0-0)
⑥ミシシッピテソーロ 牝3 54.0 鮫島克駿  (2-0-0-2)
⑦ディナトセレーネ  牝3 54.0 横山武史  (1-0-0-2)
⑧イコノスタシス   牝3 54.0 北村宏司  (1-1-0-2)
⑨エナジーチャイム  牝3 54.0 ルメール  (1-0-0-1)
⑩メイクアスナッチ  牝3 54.0 戸崎圭太  (2-0-0-0)
⑪ディヴァージオン  牝3 54.0 M.デムーロ(1-0-0-0)
⑫ブラウンウェーブ  牝3 54.0 菅原明良  (1-0-0-1)
⑬チハヤ       牝3 54.0 丹内祐次  (0-0-0-0)
⑭キタウイング    牝3 55.0 杉原誠人  (2-0-0-2)
⑮ミタマ       牝3 54.0 岩田望来  (1-1-0-2)
⑯ブルーイングリーン 牝3 54.0 山田敬士  (1-0-0-0)

注意:競争成績に海外競馬・地方競馬・地方交流競走は含まれません。

注目馬

⑤ヒップホップソウル

選んだ理由

フラップ
フラップ

注目する3つの理由です。

前走で控えた競馬が活きる

前走はレース道中にハナに行きそうな場面。

レースを経験して競走馬の本能でしょうか。

行きたがる面が出てきています。

そこを、がっちり抑えました。

結果として、この時に控える競馬に

徹したことが今回に活きる。

今回のフェアリーSでは上手く折り合えると判断しました。

東京より中山向き

これまでの2走。

長く脚を使うタイプではない。

短い直線、坂のあるコースを力強く走るタイプ。

デビュー戦の中山芝1600m。

スローペースとはいえ、最後の1ハロンで11.2を出したのは凄い。

中山適性は高いと判断しました。

母はダンスファンタジア

2011年フェアリーS(GⅢ)。

1着馬ダンスファンタジア。

この時は2枠④から強い競馬。

冬の中山開催。

時計を要するタフな芝1600mは合っている。

他出走馬について

フラップ
フラップ

簡単ですが各出走馬にコメントしました。

①スピードオブライト
小柄だけど力ある。距離は長い印象。

②リックスター
相手強化でペースが速くなった時に対応できるかどうか。

③マイレーヌ
決め手は無いが、力はある。

④アンタノバラード
内々を後方から上手く立ち回れれば。

⑥ミシシッピテソーロ
自分のペースを守って競馬できれば。

⑦ディナトセレーネ
条件は好転。時計のかかる中山芝の方が良い。

⑧イコノスタシス
素質ある。冬の中山芝がどうか。

⑨エナジーチャイム
後方からマイペースの競馬が嵌れば。

⑩メイクアスナッチ
2戦2勝馬。ただ前走レベルは高くない。

⑪ディヴァージオン
芝1600mは忙しいかも。

⑫ブラウンウェーブ
距離が長い印象。

⑬チハヤ
地方所属馬。ここでは難しいかも。

⑭キタウイング
唯一の負担重量55㎏。条件は不利です。

⑮ミタマ
8枠⑮が厳しい条件。

⑯ブルーイングリーン
相手が強い印象。

Youtube動画

【注目馬2023 #4】2023年1月9日(月) 中山11R フェアリーS 芝1600m <曲名:セツナフィーバー>

まとめ

フラップ
フラップ

3つのポイントをまとめました。

注目馬は⑤ヒップホップソウル。

  • 前走で控えた競馬が活きる
  • 東京より中山向き
  • 母はダンスファンタジア

最後に

フラップ
フラップ

様々な予想を考慮された上で、馬券検討の助けになればと思います。
馬券は自己責任でお願いします(*人>ω<)。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました