【レース結果2024 #10】2024年2月3日(土) 京都10R エルフィンS 芝1600m【スウィープフィート】

中央競馬
フラップ
フラップ

当記事では競馬フラップの
注目馬2024 #10のレース結果を確認します。

注目の⑤スウィープフィートは2着。

レース結果を振り返ります。

そして、競馬フラップの注目馬2023シリーズの集計結果を確認します。

レース結果

フラップ
フラップ

タイム、上り3F、レース結果です。

タイム :1:35.1
上り3F:34.5

1着 ②ライトバック    牝3 55.0 坂井瑠星
2着 ⑤スウィープフィート 牝3 55.0 永島まなみ
3着 ③エリカエスティーム 牝3 55.0 武豊
4着 ⑩モモンウールー   牝3 55.0 菱田裕二
5着 ⑥ナムラエデン    牝3 55.0 団野大成
6着 ⑧マーシーラン    牝3 55.0 河原田菜々
7着 ⑨ニシノコマチムスメ 牝3 55.0 幸英明
8着 ①チークタイム    牝3 55.0 和田竜二
9着 ⑦ブルーアイドガール 牝3 55.0 松山弘平
10着 ⑪チルカーノ     牝3 55.0 A.ルメートル
11着 ④ギヴイットアゴー  牝3 55.0 横山典弘

レース結果分析

フラップ
フラップ

注目馬と3着までの馬に簡単ですが、
コメントしました。

1着 ②ライトバック

スタート後ばリズムに乗るのに手間どったよう。

直線は上手く進路が開いてくれました。

馬場の良いところを抜けてきた。

今後、テンションが高いところが改善されれば、さらに成長できる。

この1勝は大きい。

クラシック路線に乗りました。

2着 ⑤スウィープフィート ※注目馬

スタートは五分。

その後、スローを見越して内目好位にポジションを取る選択は良かった。

ただ、直線の進路取りは、残念でした。

第4コーナーで③エリカエスティームの武豊騎手に外には出させない

ように蓋をされていたのがプレッシャーだったのかな。

とは言っても、武豊騎手自身は馬場の良い外に出したいので直線では馬場の外側に向かいます。

逃げていた馬⑥ナムラエデンも2番手の馬①チークタイムも外側に向かいます。

逃げた馬の内に潜り込んで、直線入り後に一気に先頭に出る勢いで追い出す必要は無かった。

一呼吸待って、⑥ナムラエデンの後ろに付けて、①チークタイムが垂れてきたところ、

この2頭の間を抜けて、外側の③エリカエスティームに合わせるように外に進路を取っていけば、

今回の1着馬と2着馬のクビ差を逆転し、着順は入れ替えることができたかもしれません。

パトロール映像を見ると、直線で馬郡がばらけて大きな進路が開いているだけに勿体無かった。

⑤スウィープフィートは直線で馬場の悪い内沿いを走った後に、②ライトバックが伸びてきたところで

外側に向かって行っています。このロスが痛かったし、先に⑤スウィープフィートを

②ライトバックが直線で通ってきた位置に誘導してあげていれば、より有利だったはず。

永島まなみ騎手は期待どおり、乗れる騎手になっています。

ここからは経験を積んで、「図太さ」を身に着けることも重要だと感じたレースでした。

パトロール映像を見た永島まなみ騎手自身が、どう乗れば勝たせてあげられたのか、

よく分かっているはずなので、次回もこのコンビで出走できればと思います。

3着 ③エリカエスティーム

スローな展開を外目3番手で先行。

直線の進路取りも一番良いところを取った。

今回は上位2頭とは決め手の差が出ました。

初関西遠征でこれだけスムーズに走れたのは良かった。

近々、2勝目を期待できそうです。

注目馬シリーズの集計結果

フラップ
フラップ

以下、リンク先に注目馬2024の集計結果をまとめています。

今回のレースは、3番人気⑤スウィープフィートに注目しました。

ここを勝って桜花賞に行って欲しかったのが本音です。

現状は1勝クラス。

今後のレース選択は難しくなりました。

桜花賞に出走するだけの力は持っています。

どこかで出走権利を獲得したいところ。

永島まなみ騎手もさらに経験を積んで、

より質の高い騎乗ができることを期待です。

フラップ
フラップ

スウィープフィート&永島まなみ騎手、ありがとうございます。