【結果検証 ジャパンC 2022】過去10年から出た気になる3つのポイントの結果

中央競馬
フラップ
フラップ

2022年11月27(日)に、ジャパンCが行われました。
当記事では、過去10年の傾向とデータから出た
気になる3つのポイントの結果を検証をします。
過去10年の振り返りは役立ったのか?

  • 前走、天皇賞秋組みが好成績
  • 父ディープインパクトと父ハーツクライが強い
  • 内枠有利、とくに馬番①②が有利

気になる3つのポイントをまとめた記事は
以下リンク先を参照ください。

気になる3つのポイント

フラップ
フラップ

気になる3つのポイントをそれぞれ
A、B、Cとして該当馬を検証します。

A.前走、天皇賞秋組みが好成績

該当馬

⑪カラテ       天皇賞秋(GⅠ)6着
⑭ダノンベルーガ   天皇賞秋(GⅠ)3着
⑮シャフリヤール   天皇賞秋(GⅠ)5着
⑰ユーバーレーベン  天皇賞秋(GⅠ)8着

B.父ディープインパクトと父ハーツクライが強い

該当馬

④トラストケンシン  父ハーツクライ
⑩ハーツイストワール 父ハーツクライ
⑫シャドウディーヴァ 父ハーツクライ
⑭ダノンベルーガ   父ハーツクライ
⑮シャフリヤール   父ディープインパクト

C.内枠有利、とくに馬番①②が有利

馬番⑦から内側の馬をピックアップ。

該当馬

①シムカミル
②オネスト
③ヴェルトライゼンデ
④トラストケンシン
⑤グランドグローリー
⑥ヴェラアズール
⑦テュネス

3つ、すべて該当した馬

フラップ
フラップ

今回、該当馬はいませんでした。

1着馬~5着馬までの該当有無

フラップ
フラップ

5着馬までの該当有無を確認しました。

2022年11月27日(日) 東京12R ジャパンC 15:40発走 芝2400m

1着馬 ⑥ヴェラアズール   該当1つ(C)
2着馬 ⑮シャフリヤール   該当2つ(A、B)
3着馬 ③ヴェルトライゼンデ 該当1つ(C)
4着馬 ⑧デアリングタクト  該当なし
5着馬 ⑭ダノンベルーガ   該当2つ(A、B)

結果検証まとめ

まず、今回のジャパンCを見ていて思ったことは、

C.内枠有利、とくに馬番①②が有利

これは、間違いなくありますね。

1着馬⑥ヴェラアズール、3着馬③ヴェルトライゼンデは、

スタートを上手くきり、馬群の中で脚を溜めていました。

それと比較して、⑮シャフリヤール、⑭ダノンベルーガは

終始外目を回り続けました。

勝った⑥ヴェラアズールは、もちろん強いです。

ただ、枠順の影響は明らかにあったはずです。

次に、血統によるジャパンCへの適性です。

B.父ディープインパクトと父ハーツクライが強い

これは確かにあると思います。

但し、芝2000mを超える距離の

GⅠもしくはGⅡで勝っていること

という条件が付くと強く感じました。

ここを確認しなかったことは、今回の大きな反省点です。

距離不安のある馬はジャパンCを勝てない。

あって、2着までと思います。

過去10年の勝ち馬について、

ジャパンCを勝つまでに芝2000mを超える距離の

GⅠもしくはGⅡで勝っているのか、確認をしました。

確認結果は、以下になります。

過去10年のジャパンCの勝ち馬

2021年 コントレイル

2020年 京都 芝3000m 菊花賞(GⅠ)1着
2020年 中京 芝2200m 神戸新聞杯(GⅡ)1着
2020年 東京 芝2400m 日本ダービー(GⅠ)1着

2020年 アーモンドアイ

2018年 東京 芝2400m ジャパンC(GⅠ)1着
2018年 東京 芝2400m オークス(GⅠ)1着

2019年 スワーヴリチャード

2017年 東京 芝2500m アルゼンチン共和国杯(GⅡ)1着

2018年 アーモンドアイ

2018年 東京 芝2400m オークス(GⅠ)1着

2017年 シュヴァルグラン

2016年 東京 芝2500m アルゼンチン共和国杯(GⅡ)1着
2016年 阪神 芝3000m 阪神大賞典(GⅡ)1着

2016年 キタサンブラック

2016年 京都 芝2400m 京都大賞典(GⅡ)1着
2016年 京都 芝3200m 天皇賞春(GⅠ)1着
2015年 京都 芝3000m 菊花賞(GⅠ)1着
2015年 中山 芝2200m セントライト記念(GⅡ)1着

2015年 ショウナンパンドラ

2015年 中山 芝2200m オールカマー(GⅡ)1着

2014年 エピファネイア

2013年 京都 芝3000m 菊花賞(GⅠ)1着
2013年 阪神 芝2400m 神戸新聞杯(GⅡ)1着

2013年 ジェンティルドンナ

2012年 東京 芝2400m ジャパンC(GⅠ)1着
2012年 東京 芝2400m オークス(GⅠ)1着

2012年 ジェンティルドンナ

2012年 東京 芝2400m オークス(GⅠ)1着

すべての勝ち馬が芝2000mを超える距離の

GⅠもしくはGⅡで勝っていました。

そして、今回の勝ち馬、ヴェラアズールも該当します。

2022年 ヴェラアズール

2022年 阪神 芝2400m 京都大賞典(GⅡ)1着

来年のジャパンCを検討する上では、

重要なポイントとして押さえておきたいです。

該当なしだった⑧デアリングタクトの

4着には、やはり力があると思いました。

今回は馬番⑧は内目に含めませんでした。

馬番⑧が良かったこと、そして、

先に書いた芝2000mを超える距離の

GⅠもしくはGⅡで勝っている馬であること。

この2点が揃っていたので、

好走できる条件は揃っていました。

ここからは、余談になります。

今回から新たに東京競馬場の国際厩舎が使用されました。

外国馬のコンディションは良かったと思います。

ただ、今回のジャパンC当日の馬場状態は、

明らかに外国馬向きじゃなかった。

上り3Fが速くても34秒台になるような

条件になれば、外国馬は走れるはずです。

渋った馬場コンディションになれば、

次回以降のジャパンCで外国馬が勝ち負けすることは、

十分にあると思います。

来年のジャパンCを楽しみにしたいです。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました